本学園について About

沿革   History

2011年4月に非営利団体「ブルックリン日系人家族会(BJAFA)」が、継承語としての日本語が学べる場として、ブルックリン日本語学園を開設しました。

Not-for-Profit Organization, BJAFA(Brooklyn Japanese American Family Association, Inc.) opened this Japanese weekend School as a heritage language school in Brooklyn, NY in April 2011.

 

設立の趣旨

国際社会のニーズが多様化し新しい時代の価値観が求められる現在、母国を離れ海外に暮す子供たちや、多国籍な家族構成の中で生まれ育つ子供たちは、まさにこれからの時代を担う無限の可能性を持った新しい世代といえます。

多様な言語と文化背景の中で育つこのような子供たちが、日本語や日本文化を自分自身のポジティブなアイデンティティーとして身につけていくことができるような環境を提供する。それが私達ブルックリン日本語学園の目指す教育環境です。

生 涯にわたり日本語を学び続けたいという気持ちや日本文化への興味を育む。同じ環境におかれた仲間同士の繋がりや絆の醸成を大切にする。複数文化や言語の比 較の中で広く深く考え、自己判断する能力を身につける。子供たちの個性と自主性を尊重した私達の取り組みが、お子様の豊かな感性と可能性を未来につなげる 一助となることを願います。

子供の視点を大切に、現地校教育との相乗効果を目指し作られた独自のカリキュラムと指導方法のもと、次世代を担う多くの子供たちが笑顔で学んでいます。

[学園理事]

平川美紀、松本哲夫、佐々木由紀

[名誉学園長]

中野友子

[教育アドバイザリーボード]

中島和子 / トロント大学名誉教授・言語学者
カルダー淑子 / プリンストン日本語補習校理事

[教務・教育主任]

ガルシア奈津子

[運営]

ブルックリン日系人家族会(BJAFA: Brooklyn Japanese American Family Association

本学園は、法的にはNPO団体(BJAFA)の運営のもとに設立されました。学園運営はBJAFAの運営方針に基づき、教育面では学園長の中野 友子先生の年間カリキュラム方針のもと各学年の教務陣によって授業カリキュラムが組まれ、運営実務はブルックリン日本語学園 事務局があたっています。また、本学園の保護者は全員父母会(PTA)の会員となっていただき、保護者も絶えず活発な活動、サポートを行っています。