継承語教育について

継承語とは?

継承語は「第二の母語」と言い換えることができるかもしれません。
同じ「日本語」を教えているけれども、補習校(又は日本人学校)とアメリカ人向けの日本語クラスが違うことは、お気づきではないでしょうか。そして、皆様のお子さん達が必要なクラスが、この二つとは微妙に違うことも気づかれているのではないかと思います。

補習校で行われているのは「国語教育」です(例えば、日本の学校での国語のクラスです)。アメリカ人向けに行われているのは、「第二外国語教育」です(例えば、日本の学校での英語のクラスです)。そして、皆様のお子さん方への日本語教育は「継承語教育」に当たります。

この三つは、異なるものであり、どちらの方がレベルが上か下か・・・というのは、見当違いの議論になります。

継承語を学ぶ子ども達の環境とは?

例えば、アメリカで生まれ育った子ども達(日本人、アメリカ人関係なく)は、英語での生活が主になります。ですが、両親、または片親が日本人であり、家庭で日本語を話している場合は、英語だけではなく日本語も入ってきます。

Preschool 前の、家庭で過ごす時間が長い時期には、日本語の方が英語よりも強い傾向が見られます。補習校などに通った場合も、幼稚園の時期 には大きな問題が見られないことが、ほとんどです。この時点では、日本から来た子ども、アメリカで生まれた子どものどちらも、似たような環境(家にいて日本語で親と時間を過ごしている)にいるので、差は目立ちません。

ですが、PreschoolやKindergartenに入り、子供なりにもアメリカの社会に入り始めると、断然英語の量が増え、英語と日本語の依存度が逆転します(英語を使う方が多くなります)。

日本で生活した場合でも、小学校からは、家庭内で使う以上の日本語を、テレビや授業、友だちから学びます。また日本で生活していれば、言葉だけでなく文字も表現も一日中はいってくる状態になります。

ですが、アメリカではそれができません。できないというより機会が少なくなり、それを英語が補う形になります。補習校小学校に入る年齢になると、補習校の授業についていけないなど、目に見える形で出てきます。

継承語クラスとアメリカ人向けの日本語クラスの違い

こ こで、親御さんの中で「うちの子は日本語ができない」という気持ちが生まれてしまうようです。また「補習校の授業は子供を無視している」と憤慨さ れる親御さんもいらっしゃるかもしれません。ですが補習校はあくまでも「日本に帰る子ども達が日本の学校についていけるようにする」ことが目的で す。「国語教育」が目的であって「継承語教育」が目的ではないのです。

ア メリカ人のための日本語クラスもありますが、これもバイリンガル環境のお子さんたちにぴったりのクラスとは言えません。まず知っている言葉や表 現の量が違います。そして小さい頃から自然な日本語が入ってくる機会が多いため発音もきれいです。多くの方がアメリカ人向けのクラスを「うちの子に は簡単すぎる」と感じるのはこのためです。

ま た、大きな違いとして、アメリカ人向けのクラスでは、すでに英語で知っている言葉や表現を日本語で言い換える形で学んでいきます。「経験・知識 →英語→日本語」の順です。ですがバイリンガル環境の子供たちは、英語からではなく、経験や目で見たものが直接日本語に結びつき、言葉として学んでい きます。「経験・知識→日本語」の順です。